Fandom

Lostpedia

帰還/Theories

< 帰還

20このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

【未来(生還後)】 ある夜、病院の前に停まっている車の窓をノックする一人の男。 窓が開くと、中で新聞を読んでいる男を、銃で撃ち殺した。 病院の前にたたずむサイードがそこに居た。 ハーリーが入院する病院である。

【サイードが部屋へ侵入すると一人でチェスをしているハーリーが居る。驚く様子もなくサイードと会話を交わした。 サイードは急いだ調子で、見張りの男を殺した事、2日前にベンサムが死んで状況が変わった事、そして身の危険と伝えると、あまり乗り気ではないハーリーを病院から《安全な場所》へ連れ出した。

【現在(2005年)/島にて】 ヘリコプターは船を発見し何とか辿り着けそうである。 飛び降りたソーヤーが気になるのか、ケイトは浮かない表情のまま。ジャックはソーヤーが飛び降りる前にケイトに何を言ったのか気になっているみたいだ。 しかし島のオーキッドではキーミーがベンに刺されて死亡・・。 船の中のC4爆弾は、遠隔操作により既に赤いランプが点灯して、いつ爆発してもおかしくない状況。マイケルは液体窒素を噴きつけ凍らし、何とか爆発を引き伸ばしている。 その頃、ヘリコプターが船に到着するとデズモンドが5分以内に船は爆発する事を伝える。ジンを連れ戻そうとするが時間が無く、燃料補給とタンクの穴を塞いで直後に離陸する。 飛び立ったその時、サンは甲板にいるジンを見つけるが、もう戻る時間は無い。 その直後船は、大爆発を起こす。 泣き叫ぶサン・・・。ヘリは島を目指す。

ヘリから飛び降りたソーヤーが泳いで島に無事到着。かなり爽やかに。そこには浜辺で酒を飲んでいるジュリエットがいた。 ジュリエットが指を指すほうを見て、ソーヤーは初めて気が付く。 船は燃えて、今にも沈没しそうだったのだ。


【未来(生還後)/ロンドン】 サンはウィドモアに接触する。 ウィドモアはサンの事を知らない振りをしている。 サンは『あなたと私には共通の利益がある。話し合う気になったら連絡するように』とだけ伝えるとサンは去っていった。(ベンを殺そうと考えているのだろうか??)

【現在/島にて】 島のオーキッド・ステーションで、ベンは実験装置に金属製の物を詰めスイッチを入れると、転送装置は爆発し、その後ろに側に大きく穴が開いた。ジョン・ロックは訳がわからない。 ベンは 『島が動けば戻れない。リチャードの所へ向かえ』 とロックに伝え、今までの数々の仕打ちを謝罪した。 防寒着に着替えたベンが装置の奥に入っていくと、そこには大きな《歯車》があった。

その頃ロックは”他の者たち”の所へ向かい リチャード達から歓迎されていた。

ベンはその大きな歯車を力いっぱい回す。

その直後、島は大きく揺れ、閃光に包まれた・・・。 島が消えた・・・?!

ジャックたちヘリの一行はパニック状態。 しかも燃料が無くなった為海へ不時着する。 サイードが用意していた救命ボートに乗り込み 何とか全員無事だった。。。

【未来(生還後)】 寝室に眠る美女ケイト。 電話で目を覚ますと銃を持ってアーロンの部屋へ急ぐケイト。 アーロンの前に一人の女が座っている。何とクレアだった。 クレアはケイトに『この子を絶対に連れてこないで!』 と強く警告する。 寝室で目を覚ましたケイト。夢だったのか?!

【現在(2005年)】 救命ボートで夜の海をさまようジャックたち。 呆然としていると、フランクが前方で何か光っているのに気が付いた。大声で叫ぶフランクだったが、ジャックの一言に全員が固まる。 『嘘をつかなければ・・島に残った者を助けるためにも・・』 ジョンに言われたセリフをジャックは思い出したのだろうか。 ここでフランクが一言 『ここは抱き合って喜ぶ場面じゃないの?』

大きなクルーザーが近づいてくる。《サーチャー》と書かれたクルーザー。 ライトで照らされクルーザーの様子がよく見えない中、 デズモンドが見たその人は、なんとペニーだった。 以前、貨物船のデズモンドとペニーは無線で会話し、 生存がわかり救助する為に捜索していたのだろうか。 船に乗り込み、ペニーと挨拶を交わす一同。 ジャックはペニーに『相談したいことがある・・・。』と伝えた。


その後ペニーの協力の下、ジャックたちは救命ボートで遭難を偽装し、有人の島《メンバタ》に到着し救助されたのだった。


【未来(生還後)】 髭もじゃのジャックは車を飛ばして葬儀屋へ。 鍵を壊して中へ侵入するとそこには棺がいくつか並んでいる。ジャックは、《ジェレミー・ベンサム》と書かれた紙が置かれた棺をゆっくりと開く。 その時、後ろから男がジャックに話しかけてきた。 驚いて振り向くとそこにはベンが立いた。 ベン  『彼とはいつ合った?』 ジャック『1ヶ月前』 ベン  『彼は何と言っていた?』 ジャック『オレたちが島を去った後悪いことが起きたと・・島に戻るべきだと言っていた・・・。』 ベン  『その通りだ。だから島に戻らなければならない。僕はその方法を知っている。その為には全員で戻らなければならない。』 全員ということはジェレミー・ベンサムも必要ということである。

棺の中には眠っていたジェレミー・ベンサムとは、

何とジョン・ロックだった。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki