Fandom

Lostpedia

ジャック・シェパード

20このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

ジャック・シェパード(Dr. Jack Shephard)はLOSTの登場人物の一人。マシュー・フォックスが演じる。
オーシャニック航空815便の乗客で、生存者たちのリーダー的存在。職業は医師(脊椎外科医)。

墜落前編集

ジャックは父クリスチャンと母マーゴとの間に生まれた。 815便墜落事故の生存者の一人であるクレアはクリスチャンの娘なのでジャックとクレアは腹違いの兄妹となる。また、クレアの息子アーロンはジャックにとっては甥にあたる。

島では生存者たちのリーダーと目されている彼だが、昔からそのような人物であったのではないようである。 幼い頃ジャックはいじめっ子から友達のマークを助けようとしたが、助けることはできず、自分も殴られた。 父は彼の傷を見て酔っ払いながら言った。「ヒーローになろうとするな。お前はその器ではない」と。 リーダーシップというテーマはジャックのエピソードでよくクローズアップされるテーマのうちの一つである。

ジャックはコロンビア大学を経てUCLAメディカルスクールを1年飛び級で卒業した。 その後父も勤めるセント・セバスチャン病院の脊髄外科医となった。

2001年のある日ジャックの下に2人の交通事故患者が運ばれた。一方はアダム・ラザフォードである。彼はその後集中治療室で死亡した。 彼は後に815便墜落事故の生存者仲間となるシャノンの父親であり、ブーンの継父である。 もう一方は後にジャックの妻となるサラであった。

サラの背骨は損傷が激しかった。。 意識を取り戻したサラに症状について質問されたジャックは手術をしても麻痺を完全に取り除くことはできないだろうとサラに告げた。 これを見ていた父はジャックにどんなに望みが薄くても患者に対して希望を与えるように助言した。

その後サラの婚約者ケヴィンに病状を説明した。 サラが一人でトイレに行けるようになるかなど現実的な質問をしてくるケビンにジャックはリハビリを続けていけば可能性があると告げたが、ケビンは今後関係を続けることについて尻込みしている様子だった。

手術の準備中にサラから「私はもう踊れないことを知っている」と告げられたジャックは彼女に「治してみせる」と約束した。

手術は失敗したようだった。ジャックは落ち込んだ。スタジアムに階段昇降のストイックなトレーニングに出かけた。 階段を踏み外して足首を痛めたジャックにトレーニングをしていたもう一人の男が「大丈夫か」と近づいてきた。 男はジャックが女性の件で悩んでいるのだと言い当て、彼がサラを治すために何をすればよいか? 本当に治せないのか? 奇跡を信じないのかと問うた。その男は後にハッチの中で会うデズモンドだった。


ò¶o○fÏ@W9þı16►♦5♦666¥ièI

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki