Fandom

Lostpedia

シーズン4

20このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

あらすじ編集

」での出来事から遠くない、未来のLA。生還したジャックは、テレビのニュースで、暴走するスポーツカーが数台のパトカーに追われている様子を見る。まもなく逮捕された運転手は、ジャックと同じあの島からの生還者、ハーリーだった。

ハーリーはかつて入院していた精神病院に再び入院。そこに現れたオーシャニック航空の代理人を名乗る男は、「彼らは生きているんだろう?」と、ハーリーに問う。後ほど、ジャックもハーリーの元を訪れるが、島から帰った他の生存者たちのため、ある秘密を守ることを促して去っていく。

衛星電話が通じた直後の「島」。ルッキング・グラス基地から生還したデズモンドが、生存者たちに貨物船はペニーが雇った捜索隊のものではないことを伝える。生き残った人々は何が何でも島から脱出すると決めたジャックたちと、不審な貨物船を受け入れるなと主張するベンロックのどちらに付くか、生き残るための選択をする。

未来の精神病院では、そこにいるはずのない男が、ハーリーに忠告にやって来る。島に近づいてくる1機のヘリコプターから、貨物船の乗組員である男が降り立った。島へやってきた彼らの真の目的は何なのか?未来の世界で島を脱出できたのは誰なのか?正しい判断をしたのは、はたして2派のどちらなのか?衛星電話が通じたあの後、「島」で何があったのか…?

エピソードリスト編集

  1. 選択 - "Beginning of the End"
  2. 訪問者たち - "Confirmed Dead"
  3. 雇われた男 - "The Economist"
  4. 証言 - "Eggtown"
  5. 定数 - "The Constant"
  6. 許されぬ関係 - "The Other Woman"
  7. ジヨン - "Ji Yeon"
  8. 贖罪 - "Meet Kevin Johnson"
  9. ルール - "The Shape of Things to Come"
  10. 父の影 - "Something Nice Back Home"
  11. 奇跡の子 - "Cabin Fever"
  12. オーシャニック6 - "There's No Place Like Home, Part 1"
  13. 基地オーキッド - "There's No Place Like Home, Part 2"
  14. 帰還 - "There's No Place Like Home, Part 3"

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki