Fandom

Lostpedia

オーシャニック航空815便

20このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

オーシャニック航空815便 編集

オーシャニック航空815便は、シドニーからロスアンジェルスに向けて運行予定だったボーイング777機。奇妙な状況下で、2004年9月22日、324人の乗客を乗せて、本来のコースから外れ、太平洋に姿を消した。2ヶ月後、815便はバリに近いインド洋にて、機体が発見され、乗客全員の死亡が確認された。しかしながら実際には、その機体は偽造されたものであり、本物は空中で分解し島に落ちた。70人以上の乗客が墜落を生き延び、後に6人の乗客が島を出て、「オーシャニック6」として知られるようになった。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki